furoshiki carry/フロシキキャリー

info@furoshiki-carry.com

フロシキコレクション

タオル×ジーンズ


生地イメージ

タオルの産地から生まれた、ふんわりジーンズ。

タオルの生産高日本一を誇る、愛媛県今治市。
ここで大量生産に頼らず、生地一枚一枚に愛情を注ぐ工房「織座」があります。
昭和初期の織物を回収し、改良を重ねることで、最新設備では表現しきれない、
独自の生地「今治ジーンズ」の制作に成功したのです。
ゆっくりとしたスピードで、糸にストレスをかけずに織るため、
これまでの固いイメージのあるジーンズとは全く異なり、
ふんわりとした優しい手触りのある、味わい深いジーンズに仕上がります。


【生地見本】 サイズ:90cm×90cm


ページの先頭へ戻る




時とともに、自分色に変えていく。

今治ジーンズは、一度使うと手放したくなくなるほど、
肌にやさしくフィットするテキスタイルです。
柔らかな素材なので、カジュアルな装いはもちろん、
女性らしいフェミニンなスタイルにも似合います。
またジーンズ同様、洗ったり、こすれたりすることで、
ジーンズ独特の風合いや色落ちが生まれるのも特徴の一つ。
自分色に変わっていく今治ジーンズをお楽しみください。

【使用イメージ】

使用イメージ

ページの先頭へ戻る

大量生産から、
少なくても付加価値のあるモノづくりへ。

「もう、大量生産にかかわる仕事は、やりたくなかった」
そう語るのは、工房織座代表を勤める武田さん。
今治市の大手タオルメーカーに勤務していた武田さんは、
日本の織物や織り機の原点にふれるうちに、
高速な織り機ではできない、手づくりの優しいものづくりに惹かれ、
やがて「数は少なくても、自分にしかできない技術を活かし、
付加価値のあるモノを作りたい」と独立することを決めます。

工房織座代表を勤める武田さん



ひとつの工房からはじまる、大きなこころみ。

武田さんは、徳島や京都などの織物工場を訪ね、
旧式織り機を集め、復元したのちに改良を重ねていきます。
復活されたオリジナルの織り機は、最新の織り機よりもスピードが遅く、
どう頑張っても、一日につき一台で、20枚から30枚しかつくれません。
しかし、このゆっくりとしたスピードだからこそ糸へのストレスを軽減させ
今治ジーンズならではの良い味わいが生まれるのです。
また糸にもこだわりがあります。通常デニムに使用される糸は、
たて糸にジーンズ色、よこ糸に染色を施していない色で織り上げますが、
ここでは、たて糸もよこ糸も100%ジーンズ糸です。
そのため、今治独特の色と風合いを作り出すことができます。
効率を追わないからこそできる、ぬくもりのある、新しいモノづくり。
工房織座では、今後もこのスタンスを崩すことなく、規模を追わずに、
織物の原点を見つめ、丁寧なモノづくりに取り組み続けていくそうです。
日本でも珍しい、テキスタイルメーカーです。
この度、工房織座さんのご厚意によりこの布をふろしきキャリー
としてお届けできることを光栄に感じています。
手の優しさが残る今治シーンズの感触を、ぜひ手にとってお確かめください。


瀬戸内、今治。
昭和初期の機械で織られる。
ようやくやわらかい布が織られる

【ご使用上の注意】

ページの先頭へ戻る